ベンチでテレワークしよう

いまだに「場所」にとらわれていませんか?

 

テレワーク、どこで行いましょう。

自宅、コワーキングスペース、カフェでしょうか。

 

  • 自宅は手狭、家族がいるし仕事しにくい。
  • コワーキングスペースは契約や空席の確認が必要、とっさのビデオ会議でも困る。
  • カフェは混雑しているし、プライバシー問題あり。

 

わざわざ職場のような囲まれたスペースを選択しているからこうなるんですよね。

 

テレワークが浸透してきて働く場所が柔軟になってきていますし、

場所という固定観念をとりはらってみましょう。

 

 

身近にいいところありますよ。

ベンチとか。テラスとか。

 

え、ベンチ?

 

  • 画面見られない。
  • 電話やビデオ会議で声を発しても問題無い。
  • 人との距離が離れている、もしくは誰もいないのでプライバシー面も平気。
  • 疲れたときに歩き回ったり、肩や腰をまわしたりストレッチできる。

 

思ったよりいい面ありますよね。

電源問題はモバイルバッテリーで十分です。私はこれ使ってます。ノートPC1回分充電できます。

 

 

もちろん終日ベンチじゃなくて、自宅やカフェのハイブリッドでもいいと思います。

暑い・寒いという気候の問題であれば、屋内や屋根付きのベンチもありますよ。

 

 

あとマンネリ化すると集中力が落ちるので、1ヶ所という「場所」にとらわれず、

あえて色んなベンチを周ってみるのもオススメです。

 

慣れていない環境の方が緊張感が出るので集中できるケースもあります。

 

また、ToDoリストやタスク処理に追われている方は...

  • 駅前ベンチで「A社のメールを返信する」
  • テラスでは「B社の見積を作成する」
  • 公園のベンチで「C社向け提案資料の構成を考える」

 

といった具合に「One Place, One Task」を取り入れると集中して作業が捗ります。

これが実現できるのもベンチの魅力です。

 

 

また、ベンチに訪れる際に外を歩きますよね。

歩いてる最中に思考が整理されて、ぱっとアイデアが思い浮かぶことがあります。

Thinking Bench!参照

 

これもベンチテレワークのオススメポイントです。

 

 

ワークプレイス・エニウェア

さぁテレワークできそうなベンチをさがしてみましょう。